DMARC レコードを DNS に追加する

DMARC レコードを DNS に公開

SPF と DKIM の設定がすんだら、いよいよ DMARC レコードの公開です。

DMARC レコードは SPF レコードと同じく DNS 上に TXT レコードとして公開します。例えば、メールのドメインが example.com の場合次のようになります。

_dmarc.example.com text = "v=DMARC1; p=none; rua=mailto:dmarc-ra@dmarc25.jp; ruf=mailto:dmarc-ra@dmarc25.jp”

イラスト/DMARCとDNSにぶち込む

v=DMARC1 は DMARC レコードのバージョン番号です。p=none は、認証失敗したメールに対して受信側に実行し欲しいアクションを宣言します。ここでは none ですから、たとえ、認証失敗してもなにもアクションを取らないでくださいという意味になります。rua と ruf はレポートメールを受信するメールアドレスです。ここでは DMARC/25 サービスの受信メールアドレスを設定してあります。